« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月30日 (日)

ダラス滞在記-コーパスクリスティ

 テキサス州南部の沿岸沿いにあるコーパスクリスティは、人口30万人以上の都市ですが、ビーチや観光施設が充実した観光地でもあります。
 有名な「空母レキシントン」を観に行きたいという子供の希望により、7月の週末土日に、片道9時間(食事や休憩含む)かけて行ってきました。
Img_1979 Img_1973
 お目当ての空母レキシントン博物館です。海上に係留されています。
Img_1971 Img_1972 
 艦橋には、「カミカゼ」が突っ込んだ場所に日章旗が描かれています。
Img_1974 Img_1976 
 艦上に、いろんな戦闘機が展示されています。
Img_1975 
 艦内は、様々な医療施設、食堂、郵便局などの生活エリアの展示や、エンジンルームなどを見ることができます。また、日本のカミカゼに関する展示や、パールハーバーを大きく取り扱ったコーナーなど、日本人には考えさせられる展示もあります。

 コーパスクリスティではパドレ島という島へ、フェリーや橋で渡ることができます。こちらは、美しいビーチが広がる観光地で、たくさんの人が訪れていました。
 アランサスという所から、無料のフェリーで渡れます。
Img_1977 
 島内はパステルカラーの家々が立ち並び、南国の雰囲気満点で、テキサスにいることを忘れてしまいます。
Img_1978 
 宿泊は、ベストウェスタン・マリナグランド。マリーナに面しており、周りにレストランがいろいろあります。
 夕食は、ホテルのすぐ隣りにある「Water Street Seafood Co」へ。その名の通り、シーフードレストランです。
Img_1981 Img_1980 
 ベストウェスタンの朝食会場は、最上階にあったため、眺めがよかったです。
Img_1982 Img_1984 
 日曜日は水族館を観てから帰りました。ダラス水族館ほどではありませんが、動物もいてそこそこ充実していました。
 空母レキシントン博物館のウェブサイトはこちら、https://www.usslexington.com/
 水族館のウェブサイトはこちら、https://www.texasstateaquarium.org/

2017年7月21日 (金)

ダラス滞在記-HANAKI(和食レストラン)

 アービングのBelt Line沿いにある和食レストラン「HNAKI」。場所は和食レストラン「Mr. Max」の向かいです。
Img_1933 
 オーナーは日本人の方で、お子さんが日本人補習校に通っていたので、ご存知の方も多いようです。
 カジュアルな店内は、現地の方もたくさん来ています。
Img_1934 Img_1935 
 丼やラーメン、うどん、カレーなど、オーソドックスなメニューが一通りそろっています。
 もちろん、酒のつまみに、から揚げや焼き鳥などもあります。
Img_1936 Img_1937 
 写真のカレーうどんは、うどんの上にカレーがそのままかけてあり、濃厚で、野菜や肉がごろごろ入ってました。
 住所です。
 3045 N Belt Line Rd, Irving, TX 75062

2017年7月20日 (木)

ダラス滞在記-Jamba Juice(フレッシュジュース)

 全米展開しているフレッシュジュースのチェーン店「Jamba Juice」は、ダラス近郊にもたくさんあります。
Img_1727 
 小さな店内でジュースを注文すると、その場で新鮮な野菜や果物を使用したジュースを作ってくれます。
Img_1728 Img_1729 
 健康に良さそうな野菜と果物のミックスジュースの種類が豊富です。
 ケールを使ったジュースを飲んでみました。
Img_1730 
 ぜひウェブサイトのメニューをご覧ください。
 ウェブサイトはこちら、http://www.jambajuice.com/

2017年7月17日 (月)

ダラス滞在記-Sprinkles(カップケーキ)

 全米に展開しているカップケーキのお店「Sprinkles」は、ダラス市内とプレーノにお店があります。プレーノ店の場所は、Legacy Westの一角です。
 小さなお店ですが、いつも多くのお客さんで賑わっています。
Img_1645 
 いろんなフレーバーのカップケーキがショーケースに並んでいます。曜日によって販売されるフレーバーが異なりますし、季節限定もたくさんあるので、ウェブサイトを確認してみてください。
Img_1646 Img_1647 
 きれいにデコレーションされたカップケーキは、どれもおいしそうです。
 サイズが、レギュラーとミニがありますので、まずはミニからお試ししてみるとよいと思います。
 左がレッドベルベット、右がバニラ(どちらもミニサイズ)です。
Img_1648
 結構甘いですが、おいしいです。
 店舗の横には、カップケーキATMがあり、タッチパネルで商品を選択すれば、ATM窓口からカップケーキを受け取ることも可能です。
Img_1644 
 お店の住所です。
 7500 windrose avenue, plano, texas 75024
 ウェブサイトはこちら、http://sprinkles.com/
 

2017年7月16日 (日)

ダラス滞在記-Grub Burger Bar(ハンバーガー)

 テキサス州を中心に全米展開している、おいしいと評判のハンバーガーチェーン「Grub Burger Bar」は、ダラスでは市内のLovers Lane駅の近くとプレーノにあります。
 今回、DARTを使ってLovers Lane駅のお店に行ってみました。
Img_1732  おしゃれな入り口
 店内には、店名の通りBarがあり、こちらでお酒を飲むことができます。
Img_1734 Img_1733 
 レジでハンバーガーを注文するときに、バーのお酒も一緒に注文することができます。もちろん、ハンバーガーとは別に、バーでお酒を注文することも可能です。
 レジで注文後、番号札をもらって、席で待っていると、ハンバーガーやお酒を持ってきてくれます。
Img_1737 Img_1738 
 左がVoo Doo Mushroom、右がBacon Love #9ですが、どちらもパティが肉厚でものすごく ジューシー。肉汁が滴ります。かなり美味しかったです。
 住所です。
 4925 Greenville Ave., Dallas, TX 75206
 ウェブサイトはこちら、https://grubburgerbar.com/
 

2017年7月15日 (土)

ダラス滞在記-GEN(韓国焼肉食べ放題)

 キャロルトンのダイソーやくら寿司の並びに、韓国焼肉の食べ放題のお店「GEN」があります。週末はいつもお店の外まで人があふれています。
Img_1925_2 
 食べ放題の料金は、夜の場合、一人$24.99です。肉やチャプチェなどの料理36種類が食べ放題です。ライスは無料でオーダーできます。
Img_1927 
 店内は、焼肉屋とは思えない、おしゃれな内装です。
Img_1926 
 店内に入ると、最初から付け合わせがセットされています。
Img_1928 
 席に着くと、ドリンクよりも先に、肉(シーフードもあります)をオーダーします。食べ放題メニューから、一度に注文できるのは4種類までです。そのあとに、ドリンクのオーダーを聞きにきます。
Img_1929 
 とにかく肉の種類が豊富で、どれもめちゃ美味しいです。味噌漬けのサムギョプサル(豚バラ肉)がお勧めです。他にも、味付骨付きカルビやプルコギなどの定番メニューのほか、ステーキやいろんな部位の肉があります。
 店員がみなてきぱきと働き、網もすぐ交換に来てくれます。
 店が大きく、回転もいいので、大勢並んでいても、そんなに待ち時間は長くないと思います。
 住所です。
 2540 Old Denton Road, Suite 134, Carrollton, TX 75006
 ウェブサイトはこちら、http://genkoreanbbq.com/

2017年7月14日 (金)

ダラス滞在記-ウェザーフォードの桃祭り(イベント)

 フォートワースから西へ約30マイル行った場所に、ウェザーフォード(Weatherford)という、桃の一大産地があります。ダラスから車で行くと1時間ちょっとです。
 この町では、7月に桃祭り(Peach Festival)が開催されます。今年は7月8日に開催されたので、行ってきました。
 町の沿道では、桃の露店をところどころで見かけます。
 桃祭りの会場はダウンタウンです。
Img_1914_2 
 ダウンタウンには、ビンテージカー博物館がありました。
Img_1913_2 
 フェスティバル会場には、雑貨などのたくさんのお店が出ていて、多くの人で賑わっていました。
Img_1915_2 Img_1916_2 
Img_1919_2  もちろん、桃の直売コーナーもあります
 食べ物の屋台では、桃のアイスや、桃のフリッター、桃のデザートや桃のサルサなど、桃尽くしです。ただし、アルコールはありません。
Img_1917_2 Img_1918_2 
 そこで、会場の目の前にあったバーで休憩。
Img_1920_2 
 ダウンタウンには、ファーマーズマーケットがあり、こちらでも桃の直売をしています。
Img_1924_2 Img_1921_2 
 桃は4つで$3でした。また、農家直送の新鮮野菜も売られています。
Img_1923_2 
 買って帰った桃を食べたら、大変おいしかったです。
 ファーマーズマーケットの住所です。
 217 Fort Worth Hwy, Weatherford, TX 76086
 桃祭り(Peach Festival)のウェブサイトはこちら、http://www.parkercountypeachfestival.org/
 
 

2017年7月11日 (火)

ダラス滞在記-独立記念日の花火

 7月4日はアメリカの独立記念日(Independence Day)です。この日は、各町でイベントが開催され、夜は花火が打ち上げられます。
 今回、アーリントンにて、レンジャースの試合の後に球場で打ち上げられる花火を観に行きました。
 この日のレンジャースの先発ピッチャーは、たまたまダルビッシュでした。
Img_1888 Img_1891 
Img_1896 
 試合前の国歌斉唱では、大きな国旗がグランド一面に広げられます。
Img_1897 
 試合は、ダルビッシュが4回7失点と打ち込まれ、レッドソックスに11-4で負けました。19時に始まった試合が終わったのが23時。その後、10分の間を挟んで、23:10から花火が始まりました。
 球場の照明が全部落とされ、アメリカの国歌や「双頭の鷲の旗のもとで」など、アメリカらしい音楽が球場全体に鳴り響く中、音楽に合わせて次々と花火があがります。
Img_1903 Img_1905 Img_1906_2 Img_1909 
 花火は30分ほど続き、様々な花火を堪能できました。

2017年7月 6日 (木)

4泊5日 マウントラッシュモア、イエローストーン旅行記(その2)

【3日目(7月1日)】
 宿泊したホテル、ベストウエスタン・プレミエ・コーディでは朝食付きプランではなかったので、1階のレストランで朝食を食べることにします。宿泊者は25%割引になります。
Img_1805 Img_1806
 8時半に出発し、まずはオールドフェイスフル(Old Faithful)へ向かいます。途中の沿道にはバイソンがいました。
Img_1807 
 11時過ぎにオールドフェイスフルに到着。ビジターセンターには、オールドフェイスフルの噴出時間が掲示されています。約100分間隔のようです。
Img_1813 
 噴出時間まで1時間以上あったので、まずは遊歩道を歩いて、周辺のガイザーや池を見て回ります。
Img_1810 Img_1811 
Img_1812  美しいMoring Glory Pool
 遊歩道を1周して戻ってくると、ちょうどオールドフェイスフルガイザーの噴出時間になりました。ぴったり予想時間通りに噴出がはじまりました。その高さと迫力にびっくりです。
Img_1822 Img_1824 
 昼も過ぎていたので、ここのカフェテリアで昼食にします。
Img_1827 
Fullsizerender_8  左がチリドッグ、右がバイソンドッグ
 次は、すぐ近くのブラック・サンド・ベイスンに立ち寄ります。
Img_1828   エメラルドプール
 続いてビスケットベイスン。
Img_1829  美しい青色のサファイアプール
  そして、ミッドウェイ・カイザー・ベイスン。
Img_1830 
Img_1831  グランド・プリズマティック・スプリング
  さらに、ロウアー・ガイザー・ベイスン。
Img_1832  泥がボコボコとなっているファウンテン・ペイント・ポット
 最後は、ノリス・ガイザー・ベイスンに立ち寄ります。
Img_1833  エメラルドスプリング
Img_1834  スチームボートガイザー
  ここまで見て18時近くになったので、イエローストーンの北口、ガーディナーのホテルへ向かうことにします。ホテルは、ベストウエスタン(Best Western by Mammoth Hot Springs)です。
 こちらはやや古いモーテルでした。ホテルの前には、イエローストーンを望むブランコが設置されています。
Img_1840 
 ガーディナーの町も、イエローストーンの観光拠点であり、お土産屋やレストランが連なっています。ちなみにこの町は、ワイオミング州ではなく、モンタナ州になり、モンタナ州のお土産を購入できます。
Img_1835
 夕食は、お客さんがたくさん入っていたレストランに入ってみました。
Img_1839 
Img_1836  地元のビールで乾杯。
Img_1837 左はバイソン・ラザニア。
 ホテルの近くにはスーパーマーケットがあり、水などを買ってホテルへ戻りました。

【4日目(7月2日)】
 こちらのベストウエスタンでは、朝食付きです。ホテルに併設の別棟にあるレストランでバイキングの朝食です。ベストウエスタンオリジナルのワッフル焼き器はありませんでした。
Img_1841
 ちなみに、このレストランの隣りにあるバーには、小さなカジノが付いています。
Img_1842
 朝8時半に出発し、スタートポイントはマンモスのテラスマウンテン。石灰の棚田が一面に広がります。ところどころで温泉が湧いています。
Img_1843  Img_1844
 続いて、東に向かって走ります。ルーズベルトカントリーのブラックテイル・プラトー・ドライブ(Blacktail Plteau Drive)は未舗装の道路ですが、木立の中を走る沿道には、プレーリードッグやバイソン、ブラックベアの姿を見ることができました。
 ルーズベルトカントリーからキャニオンカントリーへ向かう道路上では、ゆったりとバイソンが歩いていました。
Img_1845
 キャニオンカントリーでは、イエローストーン大峡谷の壮大な景色を堪能します。まずは、ロウアー滝と峡谷を見学。
Img_1848  Img_1849
 ここで一旦キャニオンビレッジに戻って、カフェテリアで昼食。吉野家方式のカフェテリアです。
Img_1850
 昼食後は、キャニオンのアッパー滝へ。ここは滝のすぐ目の前に展望台があり、吸い込まれそうな迫力です。
Img_1851  Img_1853
 ヘイデンバレーに出ると、広大な平原に、たくさんのバイソンがゆったりと歩いています。
Img_1854
 ヘイデンバレーを南へ抜けると、マッドボルケーノがあります。
Img_1855 竜の口に見えるDragon's Mouth
Img_1856 泥沼が沸騰するMud Volcano
Img_1858
Img_1859  噴気孔の横にバイソンが2頭横たわっています。
  次に目指したのは、レイクカントリーのウエストサム。湖の湖畔にたくさんの温泉が噴出しています。有名なフィッシングコーンは、湖に水没していました。
Img_1861
 その後は、今夜の宿泊ホテル「Togwotee Mountain Lodge」へ向かいます。イエローストーン国立公園の南口から出て、グランドティトン国立公園の中心Moranから東へ山を上がったI-26沿いにあります。
 途中の沿道にブラックベアがいました。
Img_1862
 ホテルには17時過ぎに到着。キャビンタイプの部屋で、中はとても広く、キッチンには電子レンジやキッチン用品まで完備されていました。
Img_1870  Img_1864
Img_1866  Img_1868
Img_1867
 山の上にあるため、7月ですが外は大変寒く、部屋のストーブをつけっぱなしにしました。ちなみに、部屋のシャワーは熱いお湯がきちんと出ました。
 ここのホテルは24時間営業のガソリンスタンドと17時半まで営業のコンビニも併設しています。
 夕食は、ホテル棟のレストランで食べました。どのメニューも大変おいしく、特にステーキは柔らかくてジューシーでとても美味しかったです。
Img_1871  Img_1872
  キャビンが立ち並ぶ中央に、ジャグジーバスがあります。食後はここのバスに行って、のんびりとお風呂につかり、疲れを癒すことができました。水着着用ですので、水着を持参する必要があります。
Img_1869
 本館にはレストランのほか、バーもあり、夜遅くまで営業しています。お風呂の後は、バーで妻と過ごします。
Img_1873  Img_1875
 バーの横はラウンジになっていて、バーで購入した飲み物をここの暖炉の前でゆったりと飲むことができます。
Img_1874
 
 そして、夜はとても冷えましたが、満天の星空を堪能できました。

【5日目(7月3日)】
 本日はダラスへ帰るだけです。空港までの道中はグランドティトンを通ります。
 朝食は宿泊プランについていないので、本館のレストランで食べます。バイキング形式とオーダーとどちらを選択してもよいので、オーダーにしました。
Img_1877

 9時にホテルをチェックアウトして出発します。
 グランドティトンの入り口を入って、ティトンパークロードを走ると、雄大な山々が視界に入ってきます。道路沿いには、サイクリングロードが整備されていて、多くの人がサイクリングを楽しんでいます。
Img_1878
 約1時間でジャクソンホール空港の近く、ドーナンズ(Drnans)に到着。ここにはお土産屋などがありますが、空港へ戻る場合の最も空港に最寄りのガソリンスタンドがあります。レンタカーはここで給油しないと、あとは空港まで何もありません。
 10時過ぎにジャクソンホール空港に到着しました。レンタカーは、空港の駐車場にレンタカー会社ごとに置く場所が決まっているので、そこに駐車します。
 空港内のレンタカー会社のカウンターで、キーと貸出し票、レンタルGPSを返却して手続きは完了です。
 コンパクトな空港で、アメリカン航空の自動チェックイン機でチェックインをします。
Img_1880
 出発ロビーは、木製の建物が落ち着いた雰囲気を醸しています。椅子だけでなく、ソファーが配置されており、ゆったりと座ることができます。
Img_1882  
 出発ロビーには、お土産屋やカフェなど、必要最低限のものは揃っています。
Img_1883  Img_1884
 グランドティトンの景色をバックに、タラップで航空機に乗り込みます。
Img_1881  写真はデルタ航空
 12:15に搭乗が開始され、定刻の12:45に飛行機は出発しました。ダラスには、定刻より20分ほど早く到着しました。
 Expressのシャトルバス乗り場からNorth行きのバスに乗って駐車場まで行き、車で自宅まで帰ってきたのが17:00頃でした。
 アメリカの大自然を満喫した旅でした。   (以上)

2017年7月 4日 (火)

4泊5日 マウントラッシュモア、イエローストーン旅行記(その1)

 子供たちの現地校、日本人補習校の両方の夏休みが重なる2017年6月29日から7月3日まで、マウントラッシュモアとイエローストーンに旅行に行ってきました!

【旅の準備】
 まずは航空券の手配。アメリカン航空のホームページから予約しました。往路はダラス⇒デンバー、復路はイエローストーンの南の町ジャクソンホール⇒ダラスとしました。
 宿泊はすべてエクスペディアを使いました。1日目は、マウントラッシュモアの近く、カジノのある町デッドウッドのホリデーイン・エクスプレス。2日目は、イエローストーンの東の入り口、コーディーのベストウエスタン・プレミエ。3日目は、イエローストーンの北の入り口、ガーディナーのベストウエスタン。4日目は、イエローストーンの南の入り口、モランのTogwotee Lodgeを予約しました。イエローストーンの公園内のロッジはすべて満室で取れませんでした。
 デンバーからマウントラッシュモア、イエローストーンまでの移動はレンタカーを利用します。JALのホームページ経由でAVISのレンタカーを予約しました。

【1日目(6月29日)】
 ダラス発デンバー行のアメリカン航空2560便は、6:59発です。自宅を5時に出発し、空港のエクスプレス駐車場に車を置きます。ターミナルAでチェックインをして、セキュリティに並びます。早朝からセキュリティにはたくさんの人が並んでいました。
 ゲート前でダンキンドーナツを購入して朝食。6:20頃から搭乗開始です。
Img_1750 
 機内はほぼ満席でした。定刻より5分ほど早く出発しました。
Img_1751
 デンバーには定刻の7:59より20分ほど早く到着しました。空港には、いろんな動物が尾翼に描かれたFrontier航空がたくさん泊まっていました。
Img_1752
 デンバー空港は、テントのような屋根のデザインで有名です。
Img_1753
 空港を出て、レンタカー会社の送迎バス乗り場が連なる一角にあるAVISの乗り場から送迎バスに乗ります。5分ほどでAVISの営業所に到着。たくさんの人が並んでいて、手続きまで20分ほど待ちました。
 カーナビとして、携帯GPSナビを借りました。イエローストーンは携帯電話の圏外ですので、GPSナビがとても役立ちました。
 まずは、マウントラッシュモアの近くにある、クレイジーホースを目指します。途中の町にあったサブウェイで昼食。クレイジーホースには15:30頃到着しました。入り口で車1台につき$28支払います。
 ここは、アメリカインディアンの戦士「クレイジーホース」を岩に彫っている場所です。マウントラッシュモアよりも大きく、製作開始から50年近く経っていますが、まだまだ未完成です。
Img_1754
 手前が完成モデルです。
Img_1755
 次に、マウントラッシュモアへ向かいました。17時頃に到着しましたが、まだまだ明るいです。入場料は車1台につき$10で、1年間有効とのことです。
Img_1757  偉大な大統領の顔が見えてきました。
Img_1758  Img_1759
 一大観光地らしく、大きなギフトショップがあり、期待通り、4人の大統領の顔を象ったチョコレートを売っていました。また、アメリカではじめてバニラアイスのレシピを書いたと言われるトーマスジェファーソンにちなみ、トーマスジェファーソンバニラアイスを食べることができます。
Img_1760  右がトーマスジェファーソンバニラ
 
 本日宿泊するデッドウッド(Deadwood)の町は、マウントラッシュモアから約1時間です。19時頃に、宿泊のホリデーインエクスプレス(Holiday Inn Express & Suites Deadwood)に到着しました。
 Deadwoodは、ゴールドラッシュ時代に違法入植で誕生した無法地帯として有名な町です。現在は観光地化されていますが、当時の名残か、街中のレストランやホテルは、ほとんどがカジノを併設しています。もちろん、ホリデーインにもカジノがあります。
Img_1765  Img_1766
 駐車場はありませんが、近くのパブリックパーキングの入出場カードをフロントで貸与してくれるので、チェックイン時にこれを受け取ってから、駐車場へ車を置きに行きます。もしくは、ホテルのValletパーキングを無料で利用することも可能です。
 ホテルの外観は昔の建物ですが、内装はきれいです。部屋もとても広くて快適です。
Img_1764  エントランスは吹き抜けになっています
Img_1762  Img_1763
 デッドウッドの町はこじんまりとしていて、街歩きを楽しむ人たちがたくさんいます。カジノだらけです。
Img_1767  Img_1776
Img_1777  Img_1778
 
  夕食は、町のステーキハウスに入りました。
Img_1769  Img_1771
 まずはビール。そして、メニューにバイソンのステーキがあったので、これを注文。 まわりにベーコンが巻いてあり、とても美味しいです。柔らかくて、とてもあっさりしています。あまりに美味しかったので、これ以降いたる所でバイソンを注文することになります。
Img_1770
Img_1772  バイソンステーキ
 
 食後は妻と二人でカジノへ繰り出します。ビールを飲みながら1時間ほどゲームをして、今回は珍しく妻も私も勝ちました。おかげで夕食の食事代は儲かりました。

【2日目(6月30日)】
 ホリデーインは簡単な朝食付きです。ホリデーインスタイルのパンケーキ自動焼き器もあります。
 9時にチェックアウトをして、本日はイエローストーンの東の玄関口コーディ(Cody)を目指します。
 途中で、デビルズタワー(Devils Tower)に立ち寄ることに。ここは、映画「未知との遭遇」で宇宙船が降りてくる場所です。11時頃到着しました。
Img_1779  Img_1780
 この岩も圧巻ながら、それよりも入り口付近の草原に生息するたくさんのプレーリードッグに癒されます。
Img_1785  Img_1781
Img_1782  Img_1784
 ギフトショップには宇宙人関連グッズがたくさんあります。
Img_1790
 昼食をI-90沿いのアービーズ(Arby's)でとって、一路コーディへ。途中の山間道路では、沿道に鹿を見ました。
 18時半頃、コーディのベストウエスタン・プレミエ(Best Western Premier Ivy Inn & Suites Cody)に到着。まだ新しいようで、内外装ともとてもきれいで、室内もとても広く、清潔でした。
Img_1801  Img_1797_2
Img_1799  Img_1800
 Codyの町はイエローストーンの観光拠点として、多くの観光客で賑わっていました。当日の夜は競技場でロデオの開催もあったようです。町にはレストランやギフトショップが並んでいます。その中のグリルレストランで夕食にします。バイソンバーガーを食べました。
Img_1802_2  Img_1803
Img_1804  左がバイソンバーガー、手前はポークリブ。
 明日はいよいよイエローストーンへ行きます。続きは(その2)で。
 
 

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »