« ダラス滞在記-アジアフェスティバル | トップページ | ダラス滞在記-Rodizio Grill(シュラスコ食べ放題) »

2017年5月16日 (火)

ダラス滞在記-Scaborough Renaissance Festival(テーマパーク)

 ダラスの南、車で1時間ほどの町、Waxahachieに4月と5月の2か月間だけ営業するテーマパークがあります。しかも週末だけ。今年は5月29日のメモリアルデーが最終日です。
 テーマパークの名前は「Scaborough Renaissance Festival」。テーマは中世ヨーロッパ。園内の建物や売っているもの、キャストの衣装など、全てが中世ヨーロッパ!のはずが、突っ込みどころ満載で、かなり笑えます。
Img_1462 Img_1463
 入場料は、大人$28、子供$13。ただし、園内の飲食代、遊園地の遊具代、ゲーム代など、園内でそこそこお金を使うことになります。
 まず園内に入って驚くのが、キャストだけでなく、お客さんまでみんな中世の衣装や、好きなコスプレをしていることです。どこまでがキャストで、どこからお客さんなのか区別がつきません。
 園内には、ものすごくたくさんのお店があります。
Img_1465  中世衣装のレンタル屋
Img_1467  お土産屋
 スナックの販売店や、ビールのスタンドも至る所にあり、みんなビールを片手に園内を散策しています。
Img_1491 Img_1497 
Img_1473  こちらは生ビールの販売所
 園内では、広場や路上、ステージでいろんなパフォーマンスが行われています。ステージだけでも10カ所ぐらいあるかと思います。
 路上のパレード。たぶん、一般の人たちがコスプレで歩いています。
Img_1469 Img_1470 
Img_1477 
Img_1495  鍛冶屋のパフォーマンス
 この先は様々なステージショーです。
Img_1472  サーカス
Img_1485  ベリーダンス
Img_1505  ベル演奏
Img_1509  鷹のショー
 これ以外にもまだまだたくさんのステージショーがあります。
 次は動物もの。
Img_1468  象に乗れます。他にもラクダにも乗れます。
 動物ふれあいコーナー。
Img_1480 Img_1482 
Img_1481  豚の赤ちゃん
 レインボーユニコーンもいるよ。(なんでやねん!)
Img_1478 
 きれいな人魚のお姉さんと写真を撮りましょう。
Img_1486 Img_1489 
 子供たちが遊べる遊具は、全て手動。屈強なお兄さん方が遊具を動かす姿に感動。遊具もたくさんあります。
Img_1476  絶叫回転マシン
Img_1504  バイキング
Img_1475  ポニーのリアルメリーゴーランド。ポニーの後ろはリャマさん?
Img_1471  木馬に乗って滑り台を滑りながら、ターゲットを取るゲーム
Img_1508  お化け屋敷
Img_1496  ロッククライミング
 まだまだ楽しみはいっぱいあります。ゲームのコーナーもかなり笑えます。ゲームをクリアすると景品がもらえます。
Img_1483  斧投げ、隣では手裏剣投げ
Img_1498  クロスボー
Img_1502  トマト投げ。右の顔を出してるおじさんに命中するとOK。
 ほかにも、ボールを投げて的に命中させると、横のケージにいるお姉さんが水にドボンと落ちる、といった意味不明なゲームがたくさんあります。
 このパークの魅力はなかなか書ききれませんので、ぜひご自身の目でお確かめください。
 住所です。
 2511 FM 66, Waxahachie, TX 75167
 ウェブサイトはこちら、https://www.srfestival.com/

« ダラス滞在記-アジアフェスティバル | トップページ | ダラス滞在記-Rodizio Grill(シュラスコ食べ放題) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559211/65286212

この記事へのトラックバック一覧です: ダラス滞在記-Scaborough Renaissance Festival(テーマパーク):

« ダラス滞在記-アジアフェスティバル | トップページ | ダラス滞在記-Rodizio Grill(シュラスコ食べ放題) »